うがい薬イソジンで水素水を検査

うがい薬イソジンで水素水を検査

水素は無色透明で無味無臭の気体なので、本当に水素水に水素が入っているかどうかは見ただけでは判別できません。
水に水素が溶けているかどうかを確認するためにメチレンブルーという試薬が販売されていますが、もっと身近にある物でも簡単に水素を確認することができます。
一般的にうがい薬として販売されているイソジンにはポビドンヨードという成分が含まれていて、ヨードが水素によって還元されると茶色から無色透明になる性質を利用します。
同じ大きさの透明なコップを2個用意し、水素水と水道水を同じ量だけ入れます。
両方のコップにイソジンを滴下してみると水素水が入ったコップの水は透明になり、水道水の方は茶色の原液が薄められて黄色になります。
うがい薬に入っているヨウ素が還元されて透明になれば水に水素が溶けている証拠です。
ちなみに水素水以外にビタミンCも還元作用があるので、ビタミンCのサプリメントやキャンデーなどを溶かした水でも同じことが起こります。
検査した後の水は飲むことができないので注意しましょう。

うつ病と水素水について

うつ病の治療に励んでいる人の数は、年々増加しているといわれており、定期的に色々な健康食品の効能に注目をすることがとてもおすすめです。
特に、天然成分がたっぷりと配合されている水素水に関しては、多くのメーカーの定番商品のひとつとして取り扱いが強化されており、早いうちから商品選びのコツを身につけることが求められます。
人気の高い水素水のほとんどは、リーズナブルな値段が設定されており、副作用や後遺症などのリスクが低いことが特徴です。
もしも、このような商品を購入したい場合には、アフターサービスの優れている通販ショップやドラッグストアを利用することがポイントとなります。
また、うつ病の治療法の選び方については、それぞれの症状の程度や生活のスタイルなどによって、大きな違いが見られることがあり、信頼のおける医師や薬剤師に相談を持ち掛けることによって、将来的な不安をしっかりと解消することが重要な課題として挙げられます。

Favorite

2017/10/10 更新